ドラマ ハゲタカに魅せられて
MENU
ドラマ ハゲタカのあらすじ
ドラマ ハゲタカが人気を博したわけ
ドラマ ハゲタカみたいなことってホントにあるの?
ドラマ ハゲタカ 投資ファンドの仕事
ドラマ ハゲタカ ハゲタカと呼ばれる人ってどんな人?

ドラマ ハゲタカが人気を博したわけ

「ハゲタカ」は2007年にNHKで放送されたドラマで、
その後映画化されるなど社会的な人気作品となりました。

ドラマ「ハゲタカ」が人気を博したのはスリリングで
奥深いストーリー展開や演技派の俳優を揃えたキャスティングの妙、
俳優の熱演など様々な要因がうまくかみ合っているからです。

そして放送当時の世相を取り入れたことも注目を集めた要因となっています。

ドラマ「ハゲタカ」では外資ファンドによる日本企業の買収がテーマとなっていて、
当時実際に企業の敵対的買収は社会問題となっていました。

ドラマの中では歴史のあるたたき上げの日本企業、
特にモノづくりを主体とするメーカーが金に物を言わせた外資に買収されることで
伝統や技術が失われてしまうことに対する問題提起を行っており、
視聴者の意識とマッチしたことも人気の理由です。

原作が経済小説であることから
インサイダー取引や株式公開買い付けなどの専門的な手法が登場するのもリアリティーが高く、
経済に詳しくない人にも分かりやすく描かれることで興味を引く内容となっています。

外資ファンドが仕掛けてくる買収の手法を
日本企業側がどう応戦するのかというマネーゲームで視聴者を引き付け、
主人公の葛藤や人情も描かれているため共感や感動を得ることに成功しています。

最後にマネーゲームとは違いますが、それに近い感覚の投資FXがあります。
初心者でも簡単にわかりやすく紹介している
このサイトを見ていただければ参考になると思います。

更新情報


Home

© 2012 All right reserved :ドラマ ハゲタカに魅せられて