ドラマ ハゲタカに魅せられて
MENU
ドラマ ハゲタカのあらすじ
ドラマ ハゲタカが人気を博したわけ
ドラマ ハゲタカみたいなことってホントにあるの?
ドラマ ハゲタカ 投資ファンドの仕事
ドラマ ハゲタカ ハゲタカと呼ばれる人ってどんな人?

ドラマ ハゲタカみたいなことってホントにあるの?

ドラマ ハゲタカでは
外資の投資ファンドが日本の弱った企業を買いたたいていく姿が印象的ですが、
そういった事は現実でも起きています。

現実世界の日本でもある人物が敵対的M&Aを仕掛けて大きな話題になった事があります。

「時代の寵児」とも呼ばれたIT会社の社長が、あるラジオ局に敵対的M&Aを仕掛けました。

彼はそれまでも本業の他に株取引で利益を出し
それを元手に様々な会社を吸収合併し自分の会社を大きくしてきましたが、
とうとうメディアの世界にも手を伸ばしたのです。

ですが本当の狙いはそのラジオ局が持つ民放キー局の株式で、
そのラジオ局を傘下に収めれば自動的に民放キー局の筆頭株主に躍り出るというものでした。

そういえば最近何かと話題のFXですが、
ドラマに影響され、これから始めようと考えている人は
まずFXはいくらからはじめるのがいいのか?を見ておきましょう。

ドラマ ハゲタカでも同じ様に
成り上がった人物が敵対的M&Aを仕掛け主人公の率いるファンドと争いになる話がありましたが、
展開はまさに同じで現実でもドラマでもホワイトナイトが現れてそのM&Aは失敗に終わります。

豊富な資金の出どころが外資系投資ファンドだったという点も同じです。

ハゲタカで描かれている事はここまで現実に近い出来事ばかりではありませんが、
そういう話が現実にあったという話が多いです。

そのリアリティがハゲタカの魅力なのでしょう。

更新情報


Home

© 2012 All right reserved :ドラマ ハゲタカに魅せられて